病児保育室森のくまさん

子どもが突然病気になってしまい、誰も面倒を看る人がいない…
けど仕事は休めない…
こういう時にお子さんを一時お預かりする病児保育室を開設しています
お預かりする部屋が4室あるので、おたふくかぜとかの感染症でも部屋を分けてお預かりします

ご利用いただけるのは
持ってきていただくもの
お迎え時に必要なもの
ご利用にあたってのお願い
ご利用手続き
福岡市負担金免除制度

ご利用いただけるのは
[対象年齢]
生後6ケ月〜小学校6年生まで
[対象疾患]
発熱、下痢、おたふくかぜ、水ぼうそう、とびひなど保育園や幼稚園に登園できない疾患はすべて対象になります
[保育室利用時間]
月・火・水・金曜日:午前8時30分〜午後5時30分(午後5時50分まで延長可能)
木・土曜日:午前8時00分〜午前11時50分(延長不可)
[予約受付時間]
利用当日の午前8時00分から
病児保育室にお電話ください

(TEL:807-2222)
土曜日は8時15分からお電話ください
※前日電話での予約はキャンセルが多いため、受け付けていません。保育室利用が確実な方は、前日受診された際に決められた書類を提出ください。
※突発的な一時保育も可能です。電話でご相談下さい。
[利用料金]
福岡市の方 1日2,000円(負担免除の制度があります)
午後0時までのお迎え1,080円
糸島市の方 1日3,,240円
福岡市外の方はご相談下さい
※医療費は含みません
※昼食、おやつ、お茶、ミルクは持参して下さい。
※昼食(おやつ込み)は330円でご用意可能です。


[森のくまさんトップに戻る]

持ってきていただくもの
[書類など]
健康保険証、乳児医療証、母子手帳、お薬手帳
登録書(初めての方)、同意書(初めての方)、利用申込書(毎回必要)、負担免除制度ご利用の方は必要書類
[お食事など]
お弁当、お茶、離乳食、おやつ(1〜2回分)、ミルク、哺乳瓶
※昼食、おやつは当院で用意可能(有料)←アレルギーのある方は不可
[お薬]
昼の1回分のみ、水薬も小分けしてください(1回分用の容器はたんぽぽ薬局で20円で販売しています)、熱さまし(熱がなくても持参)
[衣類など]
着替え、下着、タオル、食事用エプロン(よだれかけ)、オムツ、おしりふき(下痢の時は多めに)


[森のくまさんトップに戻る]

お迎え時に必要なもの
身分証明書(免許証、保険証)


[森のくまさんトップに戻る]

ご利用にあたってのお願い
1.急用の際の連絡先を必ず教えてください
2.お預かりする前に必ず診察いたします。診察の結果、お預かりできない場合もあります
3.朝のお薬は飲ませてきてください。
4.入室する際の書類が多いので、できるだけ記入して来院してください。登録書(初めての方)、同意書(初めての方)、利用申込書(毎回)が必要です。
5.平日は午前8時15分から受付いたします。土曜日は午前8時15分からの受付です。最終お迎え時間は平日午後5時50分まで、土曜日は午前11時50分までです。遅れないようお願いいたします。
6.平日のお迎えは、下記のお昼休み時間帯を避けていただくようお願いいたします。
 午前11時50分から午後2時30分まで
7.お申し込み後のキャンセルはできるだけご遠慮ください。事情により保育を辞退される場合は、必ず午前8時30分までにご連絡をお願いいたします。
午前8時30分以降の保育辞退は、諸費用が必要です。


[森のくまさんトップに戻る]

ご利用手続き
[1.ふくい小児科受付]
健康保険証、乳児医療証、母子手帳、お薬手帳を持参してください。登録書(初めての方)、同意書(初めての方)、利用申込書(毎回)を提出していただきます
[2.診察します]
診察の結果、お預かりできない場合もあります
[3.当院二階、森のくまさん受付で手続き後入室]
[4.お迎え]
身分証明書(免許証、保険証)が必要です
[5.お支払い]
小児科受付でお願いします。
福岡市負担金免除制度をご利用の場合は書類が必要です。
※入室後の体調の変化で予定外の診察、処置、投薬を行うこともあります。



[森のくまさんトップに戻る]

福岡市負担金免除制度
(書類不足の場合は一旦利用料をお預かりします)
[生活保護世帯]
利用料金0円(保護受給証明書の写し(毎月)が必要です)
[市県民税非課税世帯]
利用料金0円(今年度の証明書の原本が必要です)
[所得税非課税世帯]
利用料金1,000円(前年の源泉徴収票原本または確定申告の写しが必要です)


※この案内は予告なく変更されることがあります。
平成27年6月1日
ふくい小児科 病児保育室

[森のくまさんトップに戻る]

Home